私と犬

私の家では3歳になるミニチュアダックスフンドの雄犬を飼っています。
ここ一年で、うちの愛犬は弱ってしまいました。原因はわかりません。以前は散歩に行くと、公園などでは普通に元気よく走っていました。ところが、ある日を境にまったく走らなくなってしまいました。当然心配になり、動物病院に行きましたが原因はいまだわかっておりません。
当初、ヘルニアの可能性が考えられたのでレントゲンや触診などをしてもらいましたが異常もなく、ほかの要因も見つかりませんでした。また、1つの病院だけではわからずじまいだったのでほかに2か所まわりましたがわかりません。犬を飼っている友人にもいろいろ聞いたりしましたが、考えられることは該当していませんでした。
その他普段通りに過ごしています。餌を食べる量も変わらず、室内で歩く分には不自由なく生活しています。ただ、以前よりも自ら動くことが少なくなりました。散歩も以前と同様に行きますが、走ることはできずとぼとぼ歩くだけです。本人は散歩に行きたがる素振りもします。しかしいざ散歩に出かけると自ら歩くことが億劫な様子で、少し歩いては止まってしまいます。
また、少し体を触っただけで鳴き声を上げることもしばしばあります。これはどこかが痛いと言っているようにも捉えられるのですが、骨などには異常がありません。
当然歳からくるものではない年齢ですので、不思議でたまりません。しかも1年もこの状態が続いているということは骨折などもありえないことです。
もし自分が同じ状況だったとしたら、非常に心が痛みます。早く治してあげたいと思っています。毎日とても心配して過ごしています。今後も状況を見ながら、愛犬と過ごしていきたいと思います。

 

飼い主とは

愛犬を初めて公園に連れて行った時のこと。犬の散歩には少し遅い午前中のことでした。行った公園は何もない広場がメインで、遊具はオマケ程度にしかなく、私は愛犬と広場の方に行きました。
公園には幼児と母親が散歩をしたり、遊んだりしていました。
初めての広い場所に、少し驚いている愛犬におやつやお気に入りのおもちゃ等で、緊張をほぐしていました。
そこに、ノーリードの白い犬がワンワン吠えながら走ってきました。怯える愛犬を抱っこし、それでも吠える白い犬。遠くの方から「ノンちゃーん、ノンちゃーん」と白い犬の名前らしきものを言う声が聞こえました。飼い主らしき人がのんびりと私たちの方に向かって歩いているのが分かりました。
飼い主は近付いても「ノンちゃん、だぁめよ。」と呑気に言うだけでした。
吠えられている私の愛犬はとても怯えているのですが、全く気にしていません。
ドッグランではないのにノーリードであることがまず許せませんでした。そして、呼び戻しの躾が出来ていないのに、柵もない公園でフリーにしていることが飼い主としてはどうなんだろうかと思いました。
そして、自分の犬が迷惑をかけているのに謝罪がないことも理解できませんでした。
しっかり躾をしてマナーを守っている方が多くいる中で、こういう人の行いは目立ちます。目立ってしまうために「犬の飼い主は・・・」等と言われてしまうのです。
あれから何年もたちます。散歩のコースが違うためか、あの犬に会うことはありません。ドッグランに行ったこともありますが、あんなに吠えてきた犬に出会ったことはありません。むしろ、「ワン」と言っただけで、飼い主が飛んできて、「スミマセン、スミマセン」と言われたことならあります。
公園で出会ったあの犬が、躾が出来て、他の犬に吠えかかることのない犬になっていると信じています。

段ボールに入っている捨て犬

 

私が幼稚園の時、今では考えられませんが、徒歩で帰ってきていました。
その途中で、段ボールに入っている捨て犬を見つけると、かわいくて
抱っこして家まで連れていきました。
すると、母親やおばあちゃんは、激怒して、“捨ててきなさーい。”
と怒られます。しょんぼりして、かわいい子犬を、元の場所に置いてきます。
次の日、いるのかな?と気にしつつ、幼稚園を行き来します。
しばらくすると、子犬はいません。
誰かが、大事にもらってくれたらいいのにと、祈るだけです。

そう当時は、野良犬が結構いましたから、近所のお友達が、顔をかまれて
針で縫う大けがをしました。また、足をかまれたり、追いかけられたり、
野良犬は危険そのものでした。
しかし、今では、野良犬は、保健所で処分されているので、見かけることはなくなりました。その点、野良猫は、危険性がないので、安心です。
こういったことから、猫のほうが好きになっていきました。
犬に殺される危険性はあっても、猫に殺されるなんて聞いたことがありません。

少し前に、ポスティングの仕事をしていました。
犬を飼っているお宅は結構あります。
そういった犬は、そのお宅にポスティングすると、だいたい吠えます。
小さい犬でも大きい犬でも、とにかく犬は吠えます。
きっと、不審者だと思っているのでしょう。
自転車で通りすぎるだけでは、吠えなかったのに、チラシを入れようと
すると吠えるのです。そのお宅に入らなくても、吠えます。
ポスティングの仕事をし始めた頃は、ビクビクしていましたが、
1年も続けると、慣れます。
どんなに吠えても、鎖でつながれていますから、かまれることはありません。
万が一、鎖が外れてしまったら、大けがをするでしょう。

まれに、吠えない犬もいます。
じっとこちらを見ていますが、決して吠えません。
なんて、いい子なんだとホッとします。
でも、番犬になっていません。
犬っておもしろいです。

愛犬の散歩コース

我が家の愛犬の散歩コースは片道10分ほどのところにあるコンビニまで歩いて往復すること。
バス停以外特に何もない、民家が並ぶだけの一本道を我が家の老犬と家族みんなでゆっくり歩くのが日課。
大体夕方過ぎの暗くなってから行く。
この散歩の時、家族みんなで行くとワンちゃんとっても嬉しそう。
私一人で散歩に連れて行くとなんだかちょっと不安そうな表情をする。
でもみんな一緒だとこのまま宙に浮いちゃうんじゃないかと思うくらいに尻尾がブンブン回って、嬉しさが全身からみなぎってる感じがする。
表情もすごく嬉しそうで笑ってるような顔をする。
コンビニに到着すると我が家のワンちゃんの大好物のブドウパンを買い、とりあえず店の前から離れる。
他のお客さんの迷惑にならないようにね。
それから自宅の方へ向かうんだけど、途中でワンちゃん我慢できずにパンを要求!
「さあ食べよう」と言わんばかりにお座りしておねだり。
やっぱり犬だから嗅覚がすっごく鋭いみたいで誰がパンを持ってるのか分かるみたい。
だからそのパンを持ってる人の前にちゃんこしてスト開始!
それでもパンを貰えない時は、飛びかからんばかりの勢いでパンを持ってる人にじゃれつく。
その間他の家族には全く興味を示さない。
一応道端で犬に何か食べさせるのは通行人の邪魔かなぁと思って家に帰るまで我慢してもらいたいんだけど、これまで家に帰るまで我慢できたことはない。
というよりあんまり欲しがるから道の端によけてパンを半分食べさせちゃうんだよ。
パンを半分食べて少しワンちゃんが落ち着いたところでまた歩き出す。
でもワンちゃんパンを全部食べてないことに気がついてるから、それからも家に帰りつくまでパンを欲しがるパンちゃんとの攻防は続く。
これだから人があまり通らない時間帯を選んで家族で行くようにしてる。